SHARE:

twitter

たんぽるぽる(短歌研究文庫)解説文

2022.02,21PAPER



2022年2月21日発売、雪舟えまさんの歌集「たんぽるぽる(文庫)」に吉澤嘉代子の解説文が掲載されています。

 商品詳細(出版社サイトより) 
星野源や吉澤嘉代子など多くのアーティストに支持されるロングセラー歌集『たんぽるぽる』に加えて、電子詩集『地球の恋人たちの朝食』から、同じ背景で書かれた詩作品を追加収録。

目がさめるだけでうれしい 人間がつくったものでは空港がすき

とても私。きましたここへ。とてもここへ。白い帽子を胸にふせ立つ

うれいなくたのしく生きよ娘たち熊銀行に鮭をあずけて


解説=吉澤嘉代子(ミュージシャン)
東直子(歌人・作家)

目次

1.道路と寝る
2.炎正妃
3.魔物のように幸せに
4.愛に友達はいない
5.ア・スネイル・イズ・ア・ファイア
6.旅芸人の記憶
7.22:22(ni-ni-ni-ni)
8.バーベルを挙げれば
9.吹けばとぶもの
10.おおいなる梅干し
11.戦士だった
12.たんぽるぽる

跋文――非定型の星のひとりフェス 松川洋子
あとがき 二〇一〇年の暮らし

地球の恋人たちの朝食(抄)

文庫版あとがき
たんぽるぽるの棘 吉澤嘉代子
地球規模の愛を 東 直子


雪舟えま
1974年札幌市生まれ。小説家・歌人。著書に歌集『はーはー姫が彼女の王子たちに出逢うまで』(書肆侃侃房)、文芸絵本『ナニュークたちの星座』(アリス館)、現代語訳『BL古典セレクション1 竹取物語 伊勢物語』(左右社)、小説『緑と楯 ハイスクール・デイズ』(集英社)ほか多数。

装幀=鈴木成一デザイン室

2022年2月21日発売
ISBN978-4-86272-699-5
C0092 ¥909E

PAGE TOP